hienai

靴下・ウォーマーを使う足先の保温方法です。外出をパンツスタイルにすると家でやってるテクが使える足先の冷え対策

top page   >  冷えないからだをつくろう >  足先の温め方

衣服で冷え性対策:足先の温め方

足先は靴下などの衣服で保温できることが基本。
家でできる足先の冷え対策は、仕事先では難しくなりますので、
ファッションを靴から見直すことが近道です。
外出をパンツスタイルにすると家でやってるテクが使えます。

衣服で冷え性対策:足先の温め方

体の内側が冷えてくると、脳は手足の末梢神経よりも内臓部に血液をより多く巡らせ体を温めようとします。そのため体は手足の先から冷えていきます。

また、女性は生理で自律神経が乱れやすく、血行不良になりやすいものです。
手足に冷えを感じたら、徹底的に温まる工夫をし、血液循環が滞らないようにしましょう。
手足が冷えていない = 頭や内臓も血行が良い、でしたね。
 

衣服で冷え性対策:足先


 

靴下などでの足先の温め方

無防備に過ごした夏、素足で履いたミュールやサンダル、冷えている人は自分では冷えになかなか気付かないもの ..... ともいわれます。平熱の低温化やストレス、自律神経の乱れなどが重なり、手や足先の冷えを強く感じるようになっていきます。
冷えはガマンしないことです。靴下などの衣類でできる足の保温もやりましょう。

  1. 靴を履いているときは足首を中心に温めること。
  2. 家にいるときは靴下の重ね履き。その方法は ...
  3. 足指は5本指ソックスがツボを暖める。
  4. 靴下をはいて寝るはNG
  5. 保温しながら足や足指の運動を加えるとさらに効果的です。

靴を履いているときは、足首を温める

靴を履いているときの靴下の二重履きは注意しましょう。
ストレスが原因の冷えは足裏からの汗が多くなり、汗を逃がさないと、その汗で冷えてしまうからです。靴の通気性や靴下の保温性、歩く時間などで、靴の中はさまざまに変わっていきます。ジョギングやウォーキングをやるときは調節も可能ですが、日常生活では難しいものです。

  1. 足首を十分に覆うソックスや、足首ウオーマーなどで、内くるブシにある“中封“や“太けい“がある足首を温めましょう。
  2. レッグウオーマーなどで、足の内くるブシの上にある“三陰交”のツボを温めましょう。
  3. レッグウオーマーは、足首も覆うように使うことです。こちろん、タイツやスパッツなどとの組合せがオススメです。

通勤は革靴、革靴を買うならコレ ... ファッションだけで買っていませんか? 足の指が自由に動かせて、厚手の靴下も履くことができる通勤用を用意しましょう。

勤め先ではどうするか?
一般に、足は一日コップ一杯の汗をかいているといわれます。じっと座っていてもです。革靴を履いて冷える原因は湿気です。ですから汗でムレないことが大切で、炭やお茶の葉を使って温める商品は湿気を取るものです。
ショウガ紅茶など体を温める飲みもの自体はよいのですが、じっと座ったままだと靴の中の空気が入れ替わらず、一層、ムレることにつながります。用意した通勤用が使えればよいのですが、フォーマルな革靴を履いたまま一日座っていること自体に疑問を感じてください。履き替えられるものなら履き替えましょう。

腰をカイロで暖めることは効果があります。腰を暖めると全身の血行がよくなるのですが、このとき、窮屈な靴で圧迫していると効果は薄くなります。

 

家にいるときの、靴下重ね履き法

次の順序で素材の特性を活用します。

  1. 一番下に、シルクか綿の5本指靴下をはきます
  2. 次にシルクならば綿、綿ならばシルクの靴下をはきます
    絹と綿が交互になるように、4〜5枚重ねて履くようにしますが、重ねる枚数は調整しましょう
  3. できるだけ足を締め付けないような靴下を選び、ゴムがきつい時は抜くなど工夫します
  4. 重ね履き靴下は寝るときもそのまま履きます

シルクは吸湿性・放湿性に優れています。一方で、綿には吸湿性があり、交代に重ねることで、湿気だけを適度に発散させることができます。

 

5本指靴下(フィンガーソックス)

5本指靴下は指が自由に動かせます。
足の指を動かすと筋肉が刺激され末梢の血液循環が良くなるということ。 指1本1本をくまなく保温できることでも5本指靴下は冷え対策に効果的で、指と指の間の汗も靴下が吸収・放出してくれます。
足指と足指の間のまたにあるツボ"八風"は、冷え性、のぼせ、疲れ、だるさなどの血圧に関係しています。5本指ソックスはここを温めることにもなります。
足ムレ対策を考えると吸湿性・放湿性のあるシルクがよいでしょう。

  • 冬はポカポカ暖かい。指が一本ずつ動くので血行促進し、
    冷え予防になります
  • 夏はサラサラ爽やか。1本ずつ汗を吸うのでムレや臭いを防止。
    水虫予防にもなります
  • 踏ん張りが利くので、スポーツにも
  • 指が鍛えられるので、外反母趾などの足の変形、予防にも
  • 指の間に布が入るので若干幅が広がります。靴が窮屈になるので始めてはくときは、靴もチェックしましょう。

勤め先ではとうするか?
男性は問題ないですね。
スカート・ハイヒールには、5本指や3本指のストッキングがありますが ... 。女性は冷え対策優先のパンツスタイルでいきたいものです。

 

靴下をはいて寝るはNG

靴下をはいて寝る習慣がつくと、足は自分で発熱しようとする働きが鈍くなり、長時間の締め付けで、血液やリンパの流れが悪くなり、ますます冷え性になってしまいます。
さらに、足は冬でも寝ている間によく汗をかきます。この水分が靴下を湿らせ、明け方の体温がもっとも低いときに、さらに足を冷やしてしまうという悪循環に陥ります。

入浴後、しめつけない、ふんわりめの靴下をはき、布団の中で暖まったら脱ぐか、毛布を足下にしくだけでも暖かいですよ。
それが出来ない場合は、足首を暖めて血流を良くし、つま先まで暖めてくれる「足首ウォーマー」や「レッグウォーマー」をして寝る事!

シーツの下に毛布を一枚ひくだけで温かくなります。北国の知恵です。
足指マッサージは入浴中にしましょう。指先の爪や爪周りを揉んだり、指先を外側に押して反らすのもかなりオススメ。血流が滞った場所でも、マッサージをするなどして刺激を与える事で、手足も温まります。日中やお風呂あがりは、冷やさないように注意です。

 
 
hontonano