hienai

やばい! ときの「冷え」救急法 || 冷えを今すぐ解決/冷えない体づくり

top page   >  冷えないからだをつくろう >  やばい!ときの「冷え」の救急法

やばい! ときの「冷え」救急法

冬の到来、冷えは、秋の過ごし方も大事なのですが、
不調を感じたら、砂糖断ち、和食、高温反復浴で乗りきりましょう。

このページの掲載内容:
  • 冷え、やばい!ときの救急法

 

やばい! ときの「冷え」救急法

冷えないからだづくりは、秋の過ごし方も大事。しかし、
冷えやしびれなどの不調を感じたら、「砂糖」断ち、スイーツはガマンです。

やばい! ときの救急法:


1.砂糖断ち
2.質素な和食を摂る
3.高温反復浴

砂糖(特に精製された白砂糖)は身体を冷やします。スイーツではグラニュー糖、スナック菓子にも、コーピーや紅茶のシュガー、清涼飲料もいけません。
からだに不調を感じたら、手っ取り早く「砂糖」を当面は控え、ミネラル・ビタミンのバランスを回復しましょう。醤油や味噌、納豆は発酵食品です。これに根菜や野菜を温かく調理した和食がオススメです。

高温反復浴、42℃くらいに熱くしたお湯に半身浴で3分。そして5分休憩、これを3セット繰り返します。休憩しているときに体を洗ってください。これは温まります。

日常ケアで一番大切なのは「入浴」。冷え性といいながら意外とシャワーで済ませる方が多いのですが、軽い「冷え」であれば、毎日お風呂にゆっくりつかることを習慣にするだけでずいぶん回復します。

 
hontonano