hienai

冷えに伴う手足の「しびれ」。血行不良では手足が冷えていると抹消神経にも異常がおきやすい。

冷えと手足の「しびれ」

脊髄から枝分かれして全身に広がる神経を、抹消神経といいます。
冷えは抹消神経にも関係し、脊髄から遠い手や足で「しびれ」を感じます。
糖尿病では合併症のサインです。
こんなときも、血液の流れをよくしてあげることが大切。

ここでは、生活習慣が引き起こす「冷えと手足のシビレ」について。

このページの掲載内容:
しびれ
しびれは様々な原因で血管内の血流が滞り、中枢神経・末梢神経に障害が起きたもので、力が入らないなどの異常な感覚の状態です。
手足や顔だけでなく、肩の痛みやしびれ、腰痛にともなうしびれなど、それぞれの部位で症状は違いますが、どれも何らかの病気を含んでいる可能性があります。脳梗塞、脳出血、腫瘍、脊髄障害(頚椎や腰椎のヘルニア、変形性脊椎症など)が原因となる顔や手や足などのしびれもあります。

冷えは体にさまざまな不調をもたらします。頭痛、めまい、手足のしびれ、胃のもたれ、疲労感、動悸、不眠など実に多様です。
 

冷えと手足のシビレ マメ知識

糖尿病では:

糖尿病は特に足と強い関連がありますが、手足の末端の血管や神経が傷つくため、冷え・しびれ・痛みが起り、さらに悪化すると無感覚になってしまいます。予備軍と言われる段階でも高めの血糖が抹消神経にダメージを与えています。
冷えやしびれは糖尿病性神経障害の始まりですが、まだこの段階では軽症。この段階で適切な治療を受けないと症状がさらに悪化して、全身の筋肉が萎縮、顔面神経麻痺、便秘や排尿障害、立ちくらみ、インポテンツといった症状が出現してくる。さらに進むと ... 。

一般には:

 ・手にもう1枚皮をかぶったような感じがする
 ・ビリビリして痛みを伴う
 ・ものを持つ感覚がない
 ・自分の意思にかかわらず動く など。

両方の手足がしびれる、片手だけ、片足だけというものから、坐骨神障害によるもの、更年期障害、この他脊髄や脳の異変などで「しびれ」の症状となります。

** しびれは抹消神経の異変だけによるものとはかぎりません。脊髄そのものの異常、脳の病気によることもないとはいえません。正座によるしびれのように、すぐにおさまるもの以外は、医師の診察を受けましょう。

** 更年期障害による「しびれ」は、血行をよくする薬を使っても改善しません。冷え性対策と同じように、マッサージをしたり、温めたりしたほうが効果的です。女性ホルモンを投与することもあります。

** 慢性関節リウマチ:
関節リウマチは免疫異常(自分の体の成分を異物と誤認識し、自己抗体を作って攻撃してしまう)ですが、現在も決定的な原因は不明で、必ず治るという治療法は確立されていない事、またこの病気が関節だけのものでなく、全身的な症状や合併症をともなう慢性の病気であり、多くは一生付き合うことになる難病のひとつといわれています。合併症としては、貧血、視力低下、口内炎、息切れなどの症状が起こり呼吸器や心臓などの全身の病気を引き起こすことになります。

** 手根管症候群とは:
女性に多い症候群ですが、なかでも更年期前後の女性によくみられます。手根管症候群は、腕から手先に伸びる神経(正中神経)が手首の部分で圧迫されることによって、手指のしびれ感やピリピリとした痛み、親指の運動障害といった症状が現れます。(親指側手首が焼けるように痛んだりしびれたりすることも)
妊娠や出産などをきっかけに発症することもあります。はっきりとした原因はわかっていませんが、手首の使いすぎ、ホルモンの影響などが考えられています。

** 多発性(末梢)神経障害:左右の腕や足に対称的に、ちょうど手袋と靴下を身に着けるような範囲にしびれが現れ、有機溶媒、重金属(鉛・ 有機水銀)等の中毒、糖尿病、尿毒症等の病気で起こります。

 

生活習慣による「しびれ」の原因


 

手足のしびれは、血行が悪くなったり、神経が過敏になっていることが原因と考えられており、また、ストレスが加わることで、しびれの症状が重くなったり、頻発したりすることもあります。

● ホルモンバランスの乱れ
更年期やストレス、ダイエットなどで、ホルモンバランスの乱れが起きると、血液の流れを調節する自律神経も影響を受けるため、血行が悪くなりやすく、それによって手足のしびれをまねきます。また、年齢を重ねると皮膚が薄くなり神経がより過敏になってくることから、しびれを感じやすくなります。
● ストレスが加わることで症状が重くなる
手足のしびれは、血行が悪くなったり、神経が過敏になっていることが原因と考えられています。また、ストレスが加わることで症状が重くなったり、頻発したりすることもあります。
● 末梢神経の圧迫やキズ
肩こりや腰痛などによって末梢神経が圧迫されたりキズついている場合にも、手足のしびれが起こります。末梢神経というのは、脊髄から手足の先まで延びている細い神経で、痛みや感覚などの情報を脳に伝える組織のため、末梢神経が圧迫されたりキズついたりすると、手足にしびれを感じることがあるのです。更年期前後の女性には手根管症候群もよくみられます。
しびれの対処法
● 血流を改善する生活習慣
血行を良くするには、ぬるめのお湯でゆっくり入浴したり、ウォーキングなどの運動を続けると効果的です。また、しびれている所をマッサージすると症状が和らぎます。
● 日頃から良い姿勢
末梢神経を圧迫したり、キズつけたりしないように、日頃から良い姿勢を心がけ、長時間同じ姿勢をとらないように。
● 食事
レバーやカキなどに多く含まれるビタミンB12は末梢神経の傷を修復します。また、ビタミンCやEは血管を丈夫に保つ働きがあります。

 
次のページ   男性の冷え
 
hontonano