hienai

冷え性は大きなな原因で分けると、自律神経、低体温、ホルモン、低血圧、貧血の5つの種類があります。

冷え性の種類

冷え性は身体の表面の一部が冷たくなるために自覚しやすいもので、
冷え性は大きな原因となっているもので幾つかの種類に分けられます。
原因は1つのこともあり、複合していることもあります。

ここでは、生活習慣が引き起こす「冷えや体温の低下」について。

このページの掲載内容:
【冷え性とは】
  • 西洋医療に「冷え性」はないが長期に渡り末梢血管で血流が悪い場合に「冷え性」と診断される。
  • 東洋医学には「冷え性」がある
【冷え性の症状】
冷え性は身体の表面の一部が冷たくなるために自覚しやすが、冷えは体の内部でもおきている。
  • 手足などの末端部分が冷える
  • 腰や内臓などが冷える
  • 冷えがあるにも関わらず頭がほてっている
  • 本人は冷えを感じていないが実は隠れ冷え性
 

冷え性の種類 マメ知識

冷え性:

女性は性ホルモンの関係で冷え性になりやすいのですが、
男性や子供にも冷え性がいわれています。

 

冷え性の種類


 

冷え性は身体の表面の一部が冷たくなるために自覚しやすいもので、冷え性は大きな原因となっているもので幾つかの種類に分けられます。原因は1つのこともあり、複合していることもあります。

● 自律神経失調
冷え性を訴える多くの場合、自律神経が関係しているといわれています。自律神経が乱れると精神的に不安定になってイライラしてきたり、疲れやすくなったり、頭痛を引き起こしたりと、本人としては原因不明の症状が次々と現れてきます。血管は自立神経でコントロールされているため、緊張やイライラなどとともに血行も悪くしています。
● 低体温
最近の低体温は、食習慣や生活習慣が原因となっていることが多いといわれています。一般の平熱よにも若干低め、実は体内では様々な代謝活動が低下していることが多く、そのため体温が低くなっていています。このことが、さらに代謝活動の悪化を招く悪循環になります。
● ホルモンのアンバランス
ホルモン分泌や血管伸縮は、視床下部からの指令でコントロールされています。女性は、思春期や更年期、生理など、さまざまなイベントで女性ホルモンのバランスが変わります。このことが血管のコントロールにも影響し、冷え性が女性に多いものにしています。ホルモンが原因となっているときは、冷え性の症状と、身体は冷えているのに、のぼせたような感じになる症状があらわれます。
● 低血圧
女性ホルモンに血管を拡張する作用があることや、運動不足や筋力の低下、心臓のポンプとしての弱さなどが、低血圧を招きます。 低血圧では、血液が手足の先まで届きにくいことになります。
● 貧血
貧血で多い原因は鉄分などの不足でおきる鉄欠乏性貧血です。このような貧血では、血流が充分にあっても赤血球に酸素を運ぶ能力が弱く、全身でエネルギーを生み出せなくなります。貧血が原因の冷えでは手足だけでなく全身が冷えている状態になり、冷えの他に、身体が疲れやすい、めまい、立ちくらみなどの貧血の症状があります。

 
タンパク質だけを補給  チキンエッセンスのページ  |   もろみ酢  もろみ酢のページ
 
hontonano