hienai

冷え性とは? 一般にいわれている事柄をマトメました。

冷え性とは

「低体温とは無縁」と思っても当然です。
ところが、今の日本人の生活習慣にあるといいます。
低めの体温は生命活動の沈滞を示し、様々な疾患のベースになります。

ここでは、生活習慣が引き起こす「冷えや体温の低下」について。

このページの掲載内容:
【冷え性とは】
  • 西洋医療に「冷え性」はないが長期に渡り末梢血管で血流が悪い場合に「冷え性」と診断される。
  • 東洋医学には「冷え性」がある
【冷え性の症状】
冷え性は身体の表面の一部が冷たくなるために自覚しやすが、冷えは体の内部でもおきている。
  • 手足などの末端部分が冷える
  • 腰や内臓などが冷える
  • 冷えがあるにも関わらず頭がほてっている
  • 本人は冷えを感じていないが実は隠れ冷え性
 

冷え性とは マメ知識

冷え性とは?、低体温とは?

西洋医学的には冷え性という病気はないのですが、末端の血管が収縮し血液の滞りが長期的に起こっている場合には「冷え性」と診断されます。このとき、低体温であるとは限りません。

東洋医学では「冷え症」があります。

手足や腰など体の特定の部分が冷たく不快に感じられる状態が6ヶ月以上つづくと、「冷え性」とされ、病気やカロリー不足の状態ではないのに「冷え」が常態化したものです。

 

冷え性とは


西洋医学

冷え性という病名は西洋医学では存在しません。したがって、診断基準もありません。西洋医学では、「低体温」があり、この基準値は35℃以下です。

冷え性と言っても、体温が低いとは限りません。ストレスなどで血管が収縮し血行が悪くなった結果、手足に冷えを感じていることがあります。

西洋医学的には冷え性という病気はありませんが、末端の血管が収縮し血液の滞りが長期的に起こっている場合には、「冷え性」と診断され、その人の体質的要素と考えられています。

東洋医学

東洋医学には、からだの冷えは様々な病気を引き起こす原因とする「冷え症」があります。冷えの病気と考えられ、からだの中に不調な箇所があるための冷えであり、危険信号を出していると考えられています。

東洋医学で冷え症を治すには、漢方薬やマッサージ、指圧などの方法をつかいます。病気と考える東洋医学は、冷え性の治療を得意としているようです。

冷え性の症状

冷え性の症状は、
 ・ 手足などの末端部分が冷える、
 ・ 腰や内臓などが冷える、
 ・ 冷えがあるにも関わらず頭がほてっているタイプ、
 ・ 本人は冷えを感じていないが実は隠れ冷え性の人
など様々な種類があります。

その中でも女性に多いのが、手足などが冷える症状で、
2人に1人は冷え性で悩んでいると言われます。

女性は元々筋肉が少ない体質で、体中の血液を送り出す筋肉というポンプが弱い傾向にあり、また生理など女性独特のホルモン変化も影響して冷え性になる人が大変多いようです。


タンパク質だけを補給  チキンエッセンスのページ  |   もろみ酢  もろみ酢のページ
 
 
hontonano