hienai

日本人の生活習慣に潜む低体温化についての一般にいわれていることの要約。

低体温は、食べものや生活習慣から

毎日の食事や生活習慣に気をつけることで低体温は改善されます。
低体温を放っておくと、血行が悪いため、体の冷えだけでなく、
ダイエットや美容、疲労、免疫力、生活習慣病など、
さまざまな不調がつづき、深刻な病気にも発展していきます。

このページは、生活習慣が引き起こす「体温の低下」について。

低体温症とは
中心体温(直腸温)が35℃以下になる状態で、死亡率が高い重篤な疾患。
【都会での低体温症】
  • 寒冷から避難できなかったことによるもの
  • 意識障害をきたす疾患・衰弱・浮浪生活者
  • 体温を失い易い人:
    老人、新生児、皮膚疾患など
  • 熱産生の低下する疾患:
    低栄養、下垂体機能低下、粘液水腫など
  • 体温調節機能の低下の場合:
    アルコール、老人、薬物中毒、脳血管障害など
・・・・・
あまり気にかけない平熱、実は体調を知らせてくれる大事な指標です。疾患とまではいかない「低体温」は、体の不調を様々に現します。
 

生活習慣に起因する低体温

低体温の症状

偏頭痛 腰痛 貧血 アトピー性皮膚炎 倦怠感 自律神経失調症 どうき・めまい・息切れ 生理痛 子宮筋腫・子宮内膜症 子宮がん 乳ガン 乾燥肌など 更年期障害 自律神経失調症 生理不順 肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠 など、これは一部です。
 

現代日本人の体温低下

低体温症という「疾患」がありますが、これまでは山で遭難するなどの特殊な事情や、衰弱、意識障害などの特定の疾患に伴うものとされてきました。しかし、現代では、私たちの生活習慣にも原因が潜んでいると言われています。
今の日本人、食生活の乱れや運動不足が
低体温化のおもな原因になっているようです。
低体温は、生命活動が沈滞していることを示しています。

例えば、加工精製食品の取りすぎ傾向により、
タンパク質・脂肪・糖分を過剰摂取する反面、
ミネラル・ビタミンは不足傾向にあり、
さらに、運動不足が続くことで、あるいは年齢とともに基礎代謝は落ちていきます。このようなアンバランスが、基礎代謝の悪化をさらに助長することになり、結果、目に見えるかたちの1つが、
低体温、体温の低下です。ここから様々な症状へと発展していきます。

体温が低いというのは、代謝に問題があることを示しているのです。
一般に健康な体の深部(腸)は37度くらい、ワキの下なら36.5℃くらいですね。平熱は一般に36.5〜37℃(ワキの下)とされていますが、
これは、体の中で生命活動を支える酵素の活性が高い状態でもあり、
かつ、トラブルもなく体調が維持できている状態です。
体温を測るということは、このような代謝の状態を見ているのです。
※ 35度を下回ると低体温症です、危篤な状態になっていきます。

体調が良いとき、あるいは悪いと感じたとき
自分の体温を測って、覚えておきましょう。
平熱よりもちょっと低いかナ? の感覚が分かってくると
対策も「ヒット!」しやすいです。
 

低体温ではダイエットも成功しない

低体温の方に、ダイエットの悩みが多いといいます。

  • 体温が1℃下がると基礎代謝が12%ほど低下するといわれている
    (体温の違いが、カロリー消費の差になる)
  • 低体温の方は体温が高い方に比べて体重が増えやすい
  • 低体温だと、酵素の供給量が低くなり脂肪が燃焼しにくくなる
    ..... 逆に、体脂肪が多い方ほど低体温になりやすい
一般に平熱とされる36.5〜37℃は、生命活動が最も良い状態になっていることを示しています。低いようなら、基礎代謝を上げることから始めましょう。
 

女性だけではないです、最近の低体温

婦人科の疾患(不妊や子宮内膜症、子宮筋腫など)は低体温や冷えと関係があるといわれ、女性に多い低体温と考えがちですが、
男性や子どもにも低体温の傾向が現れているといいます。

無理なダイエットによる更なるミネラル・ビタミン不足必要以上の水分や糖分運度不足にストレスあまり笑わなくなった、... 。
生活習習慣のアンバランスが、
生命活動の沈滞につながっているようですね。

瞬間的に体温を上げるなら唐辛子もアリですが、
本当はそんなことではないように思います。
低体温の改善のために「やると良い事」は少なく、やってはいけない指摘が数多くあります。
実は、低体温の改善、多くの場合は単純なことかもしれませんが、自分の生活習慣にある悪いところには気づきにくいものです。
基本は、「毎日、元気に活きる、感動すること」。
唐辛子でアドレナリンを出すことではなく、エンドルフィン。
 


一般に、生活習慣に起因する低体温の原因は次のように言われています。
 

9つの低体温になる行為

  • 無理なダイエットによるミネラル・ビタミンのバランス崩れ
  • 冷たい食べ物や甘い食べ物の食べ過ぎ
  • 季節はずれの野菜や果物の摂取(冬に夏の野菜や果物を食べるなどで冷える)
  • 冷暖房などが整っている住環境(体の体温調節機能を鈍くする)
  • 運動不足(筋力低下により血流が減る)
  • 過度のストレスによる血行不良(血管の収縮)
  • 便秘(腸内でぜん動運動が行なわれていないことで基礎代謝が悪化、また、低体温だから働かないことも)
  • 食べない系ダイエットで、栄養失調や栄養バランスの悪化
  • タバコを吸う(タバコは急激に血管を収縮)

低体温を改善する行為

  • 軽い運動を継続する(基礎代謝を維持・向上させる)
  • 充分なタンパク質を摂取、ビタミン・ミネラルとのバランスのよい食事をする
  • お風呂にゆっくり浸かる(リラックス、血行・代謝サポート)
  • 指圧やマッサージなど(症状を一時的に緩和することがあります)
  • ..... 基本は運動ですね。そうはできない社会人ですが、運動です。
自分の生活習慣が
「基礎代謝を悪くしている」
「血流を悪くしている」
ことが多いということ。 結果、体温が低いというと。

※ 低体温は生活習慣だけではなく貧血や自律神経、性ホルモンなどにも関係することがあります。
生活習慣を点検、深刻になる前に本当の原因をつきとめましょう。
 
hontonano