羅漢果

らかかんか

中国に自生するウリ科の多年草です。ビタミン、ミネラルを豊富に含み、ほぼカロリーゼロの天然の甘味料として糖尿病やダイエットにオススメ。ホンモノかどうか、判りにくいのが玉にキズ。

  • 羅漢果の甘味は、砂糖の300倍といわれるククルビタン型トリテルペン配糖体と、若干の果糖を含んでいる。羅漢果には、活性酸素除去作用、抗酸化作用、抗ストレス作用の他、優れた効果のあることが報告されている。
  • 羅漢果の「ククルビタン型トリテルペン配糖体」にカロリーはないが、羅漢果を甘味料にした場合、若干の果糖も含んでいるため、カロリーゼロとは言えない。
  • 血糖値をほとんど上昇させない。糖尿病に効果。
  • トリテルペン配糖体は食物繊維、ビフィズス菌の栄養となり、その整腸作用により便秘に効果がある。
  • 強力な活性酸素除去作用を併せもつ。

羅漢果はミネラル豊富でカロリーゼロ

産地は広西省チワン族自治区。羅漢菓はここの気候風土と土壌でしか育たない。 日本名が付いていないの中国産のこの果実は、日本には完全乾燥した羅漢果を中心に、生の果実は輸入されておらず、せき止め用のど飴、乾燥させた果実、渡縮エキス、ティーバッグ、そして、甘味料などとして市販されている。

メタボリックシンドローム予防や改善、糖尿病での血糖値対策などでは、カロリーコントロールが重要だが、羅漢果のように、ほぼカロリーゼロで且つミネラルを豊富に含む甘味料は、例がない。 世界の農地や放牧地の低栄養化が進むことで、食物の栄養価はここ50年で数分の一、さらに、精製食品(加工食品)が多くなった現代では、羅漢果は貴重なミネラル源と考えられる。

羅漢果の機能性栄養成分

ダンマラン系サポニン(トリテルペン配糖体)、カルシウム、カリウム、鉄、リン、亜鉛、セレンマグネシウム、ビタミンE、 ほか

羅漢果の効果

にきび、吹き出物、ダイエット、便秘、整腸、糖尿病、視力回復、目の疲れ

 




hontonano