目薬木(メグスリノキ)

めぐすりのき

山形県、宮城県以南に自生している日本にだけ自生するカエデ科の落葉樹。別名、「千里眼の木」、「ミツバハナ」、「長者の木」などと呼ばれる。

目がかすむようなときに煎じて飲むと、遠方まではっきり見えるようになるので「千里眼の木」の別称もある。安土桃山時代から樹皮や小枝、葉を煎じて点眼や洗眼に用いられており、樹皮成分にはアルファ・アミリン、β-システロール、タンニンなどを含んでいる。

「目がよくなれば肝がよくなる。」というのが漢方ですが、動物実験により樹皮に含まれるロドデンドロールに肝機能を活性化する作用のあることが確かめられた。まだ十分に詳しい成分や作用について解明されていませんが、疲れ目、かすみ目、視力低下、目の充血、目やに、ものもらい、白内障の予防や進行を遅らせるといった効果も認められている。さわやかですっきりとした苦味が、大脳に伝達され肝臓に作用することで効果があるとされる。

漢方では、「肝気は目に通ず、肝和すれば目よく五色を弁ず」(肝臓は目と密接な関係があり、肝臓の働きがよくなると目もよくなる)という考え方にもとづき、眼病に対して肝臓を強化する処方を用いることがあります。

メグスリノキの効果

  • 目の病気の改善
    タンニンやカテキンの抗菌作用・収斂作用により、ただれ目、はやり目、アレルギー性結膜炎(スギ花粉)、目ヤニ、目のかすみ、白内障の進行抑制など。
  • 肝障害の改善
    葉や樹皮に含まれるロドデンドロールの働きで肝機能が活発化、解毒作用に効果があるといわれています。B型肝炎(血清肝炎)に特に有効、黄疸症状をよくし、肝機能を回復する。
  • 腎臓機能の改善
    トリテルベンやフラボノイド、ベータ・アミリンなどの成分による腎臓機能の改善や動脈硬化の予防も期待されます。

メグスリノキの効果について

上記のように色々いわれていますが、肝臓の解毒作用が改善されることで、目の炎症に効果があるということか?

 




hontonano