板藍根

ばんらんこん

板藍根は、菘藍(しょうらん:和名ホソバタイセイ)の根のこと。

菘藍は、温暖な気候、排水、地質の良好な土地で草丈1mほどに成育する。主産地は中国。葉は、大青葉(だいせいよう:染色にも利用される)といい生薬として利用される。

板藍根は根を乾燥させたもので、中国では風邪やインフルエンザに用いられ、乾燥させた根を煎じ、お茶、うがい、手洗いに使う。
苦味が強いので最近ではチョコレートや飴に板藍根を配合し健康食品とし摂取できるようにもされている。

板藍根の効果

抗菌、抗ウイルス、解熱、解毒作用
(扁桃腺炎、感冒発熱、口内炎、結膜炎、耳下腺炎、風疹、気管支炎、肺炎、ニキビ、吹き出物、湿疹、ウイルス性肝炎、膵炎)

板藍根の機能性栄養成分

インドール配糖体、板藍根結晶A〜D、硫酸カリウム

 




hontonano