バナバ茶

ばなばちゃ

バナバの樹(和名:オオバナサルスベリ)、
多年生の落葉樹。高さは7メートルから時には20メートルにも及ぶ大木。古来より東南アジアでパワーある植物として親しまれ、特にフィリピンでは、植物の王様と呼ばれ、今でも万能薬として使われている。

バナバ茶(Lagestroem Speciosa)

有効成分はコロソリン酸。
熱帯樹木のバナバの葉は、糖尿病、発熱などに有効なハーブとして用いられてきた。その成分について研究された結果、糖尿病患者の血糖値を低下させる作用があり、有用成分がコロソリン酸であることが解明された。(アメリカで実施された臨床データあり)

コロソリン酸作用はインスリンに類似しており、内服でも有効。脂溶性のため、バナバ葉からアルコールで抽出されたコロソリン酸を油性成分に溶解させるようにつくられた食品が良い。

コロソリン酸はインスリンに大変似た作用を示すことから、
「植物インスリン」と呼ばれている

コロソリン酸は多くの植物に含まれるトリテルペン酸の一種。

  • コロソリン酸は、バラ科やミソハギ科の植物の葉に多く含まれることが知られている
  • コロソリン酸は水には溶けない、アルコールに溶ける
    (コロソリン酸はバナバのお茶では効果が薄い。)

 




hontonano