乳酸菌

にゅうさんきん

乳酸菌とは、糖類(牛乳、脱脂粉乳、穀類等)を分解、発酵させて乳酸を生産する菌を指し、かつ、悪臭の原因になるような腐敗物質を作らないものをいう。

乳酸菌は2つに大別される。
1)乳酸のみをつくるもの
2)乳酸に加えてアルコールや酢酸もつくるもの

乳酸菌は人体では腸管、口腔内、膣内に常在する。乳酸のほか酢酸などの有機酸を生成する。

乳酸菌は腸内で、腐敗菌を抑制、殺菌、整腸作用、カルシウム、鉄、ビタミンB群を作りだすことが認められている。

LG21乳酸菌胃の粘膜でピロリ菌を減らす。慢性胃炎・胃潰瘍・胃ガン予防

乳酸菌に良いこととは:1日1リットル 程度の水分の摂取、十分な睡眠時間、肉よりも魚、魚よりも野菜の食生活、よくかんで食べる、などをあわせて行うとよい。

善玉菌と呼ばれるものにはビフィズス菌に代表されるBifidobacterium属や、乳酸桿菌と呼ばれるLactobacillus属の細菌など乳酸や酪酸など有機酸を作るものが多い。

悪玉菌にはウェルシュ菌に代表されるClostridium属や大腸菌など、悪臭のもととなるいわゆる腐敗物質を産生するものを指すことが多い。悪玉菌は二次胆汁酸ニトロソアミンといった発がん性のある物質を作る。悪玉菌は有機酸の多い環境では生育しにくいものも多い。

大腸運動(蠕動運動)のおもなエネルギー源は、、腸内細菌の活動による発酵産物である酪酸などの短鎖脂肪酸。

プロバイオテックス

ヒトや動物に投与した際に、健康に好影響を与える生きた微生物、またはそれを含む食品、菌体成分との意。(抗生物質<アンティバイオティクス>の対比語)ただし、生きて腸に届いた乳酸菌は、腸内に住み着き増殖することはないとされている。

  • アシドフィルス菌(L-55乳酸菌)
    腸内に常駐する乳酸桿菌。 ビオチン生産を最も良く行う善玉菌。 胃酸に強く70%前後の生存率を誇り、 熱耐性もありますので腸内環境を改善するには理想的な善玉菌。【ビチオン:ビタミンHやビタミンB群とも呼ばたことがある。細胞の成長を助け、アトピー性皮膚炎・花粉症にも効果。】
  • ビフィズス菌(Bifidobacterium)
    いわずと知れた腸内常在菌で、成人になるまでは最も優勢な菌として位置するが、年を重ねるごとにその数は減少していく。
    参考例: ダノンBIO(高生存ビフィズス菌:BE80菌)
  • L-92菌(カルピス社開発)
    Lactobacillus acidophilus L-92(ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株)のこと. 胃酸や胆汁酸にも強く腸まで達してその作用を示すという。
  • ヤクルト菌(Lactobacillus casei シロタ株)
    胃酸や胆汁酸に対して抵抗性を持つ代田稔氏によって開発された菌。普段飲むヤクルトの中に入っているメジャーな菌。
  • KW乳酸菌(Lactobacillus paracasei KW3110)
    キリンビール(株)と小岩井乳業(株)の共同開発。強い酸にも耐えて、特にアレルギーに対して効果のある菌ということで見出された菌だという。
  • 植物性乳酸菌 ー
    植物性乳酸菌とはキムチや味噌、漬物などの植物性の発酵食品に含まれる乳酸菌。 植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べ胃や腸内での生命力が強いのが特徴。つまり植物性乳酸菌はプロパイオテイクス効果が高いのが特徴。植物性乳酸菌としては、ラクトバチルス・プランタラム、ラクトバチルス・プレビス、テトラジェノコツカス・ハロフイルスなどがある。
  • ラブレ菌 ー
    ラブレ菌とは、京都の伝統的発酵漬物「すぐき」から発見された植物性乳酸菌。 正式名称は、Lactobacillus brevis subspecies coagulans (ラクトバチルス ブレービス サブスピーシズ コアグランス)
  • 他にも ... サリバリウス菌、ナリネ菌、乳酸菌発酵物質(乳酸菌生産物質)、フェカリス菌、ヨーグルト粉末、ラクトフェリン
  • ケフィア (乳酸菌発酵物質)
    ケフィアヨーグルトとは、数種類の乳酸菌と酵母の共生による発酵(複合発酵)です。日本では食品衛生法上、酵母が生きているヨーグルトは店頭販売されていないので通常は、粉末の状態で販売されている。

 




hontonano