甜茶(てんちゃ)

てんちゃ

中国では甘いお茶のことを全部ひっくるめて甜茶と呼んでいるそうで、食欲増進、去痰、咳止め、解熱などに効果がある開胃茶(漢方)として親しまれている。 この中で、バラ科イチゴ属、植物名「甘葉懸鈎子(かんようけんこうし)Rubus suavissimus S. Lee」これが花粉アレルギーに良いとされる。

カフェインは含んでいない。とてもあまく、個性的な味で、常飲するのは、かなり困難と感じる人もいる。

研究が進むにつれ、鼻アレルギー、花粉症に有効であることが明らかにされてきている。花粉やほこりの刺激で作られるヒスタミンを作り出さないように、また作られたヒスタミンを阻害する作用がある。発症前に摂ることがよいとされる。(ヒスタミン遊離抑制、シクロオキシゲナーゼ活性阻害)

甜茶の効果

厚労省のアンケートで、効果がある人は約10%。自分にとっての効果は試すしかないようだ。副作用はなさそう。

  • 花粉が飛ぶ2〜4週間前から飲み始める
  • 毎日欠かさず飲む
  • 説明書に従って適量を飲む
  • 温めて飲む

甜茶にプラス

さらに有効と思われる成分を追加した商品がある。
(飴、サプリメント、ハーブティーを除く組合せ例)

  • シソの葉エキス
  • シジュウム(グァバ)、シソ
  • ステビオサイド(カテキン含有の緑茶 ? )
  • 凍頂烏龍茶・シジュウム茶
  • 杜仲茶
  • シソの葉、どくだみ、霊芝、ハブ茶、レモングラスなど
  • 赤シソ
  • 赤ネトル葉抽出エキス、甜茶抽出エキス
  • 烏龍茶、緑茶、プアール茶、柿の葉、びわの葉
  • 苦丁茶、フコイダン
  • ハブ茶、ハトムギ、大麦、玄米

 




hontonano