シャンピニオン(きのこ)

しゃんぴにおん

フランス語でキノコの総称を表す言葉だが、一般にはマッシュルームを指すことが多い。日本ではツクリタケと呼ばれるハラタケ科のキノコ、アガリスクの仲間。ホワイト種・オフホワイト種・クリーム種・ブラウン種の4つの品種があり、他のきのこに比較して、グルタミン酸、必須アミノ酸が多い。

シャンピニオンエキス

生のマッシュルーム(シャンピニオン)を食べても得にくい消臭効果が、シャンピニオンエキスにある。機能性消臭素材として、加齢に伴う口臭・体臭・便臭の改善として老人介護や病院などで利用されている。

消臭は、シャンピニオンエキスが腸内腐敗産物であるにおいの元が腸内にできるのを抑え、血中への侵入を防ぐ作用によるもの。

消臭以外には、きのこ特有の作用としてコレステロールの減少、血圧降下作用を持つ。また、進行形の腎不全に対して、シャンピニオンによる抑制効果も発表されている。(薬剤としてはクレメジンがある)

シャンピニオンエキスの効果

  • 腸内環境の改善:
     → 腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らす
     → アンモニアや硫化水素などの有害物質を中和
  • 腎機能の強化し、腎不全の進行を抑制:
    腎不全での食事療法や投薬を守った上で、シャンピニオンエキスの摂取が大事です。
  • 血液浄化作用
    免疫増強、ピロリ菌の増殖抑制、慢性腎不全の改善、アレルギー体質関連物質の抑制、抗酸化作用などに関係している。

 




hontonano