根コンブ

ねこんぶ

コンブなどの海草類は、植物と同じように葉、茎、根の部分(仮根(かこん))からなり、根コンブは葉の下部と茎の上部の部分。他の部分よりも栄養的に大変優れています。

根の部分は硬い上に付着物もあって食用にしにくい面がありますが、カルシウム、ヨードなどのほか、ぬめりの成分である食物繊維のアルギン酸など、特筆すべき機能成分の宝庫であることがわかり、根昆布そのものの乾燥品の他に、健康食品として加工・成形し、エキスを粒状化にしたり、さらには梅を含有したもの、醤油などの調味料を配合した製品なども現れています。

コンブは高血圧を予防するといわれてきました。
これはアルギン酸とラミニンが腸内からのナトリウム摂取を抑えるため。また、コレステロールに対してアルギン酸は、腸内のコレステロールを包み込んで吸収を阻害する作用と、消化液の胆汁酸が再吸収されるのを防ぐ作用(コレステロールが原料の胆汁酸は、再吸収されないと血中にあるコレステロールが原料となる)があり、結果的にコレステロールの低下となります。

さらに、コンブにあるヨードは、体内で沃素酸に変わり血管を収縮させるアドレナリンの働きを抑えることで血管が拡張することになり、これも、高血圧にはありがたい作用となっています。一方、アルギン酸はヌメリのある水溶性食物繊維としても働き、腸の働きを活発化、便秘解消に効果があります。

根コンブのおもな機能性成分

アルギン酸はコレステロールを減らし、高血圧を改善。食物繊維は便秘に。また、根コンブには新陳代謝の促進に役立つヨウ素が含まれており、エネルギー代謝を高め脂肪がつくのを予防します。

  • グルタミン酸 アルギン酸 水溶性食物繊維

根コンブの効果

  • がん、便秘、整腸、糖尿病、貧血、高血圧

関連:コンブについて

  • ガンの抑制&血液サラサラ: フコイダンが、免疫力を高め、ガンの抑制に効果。また、血液凝固抑制作用がある
  • 高血圧、脳卒中を予防する: アミノ酸ラミニンが、血圧を下げる。アルギニン酸が体内の食塩の取り込みを抑える
  • 脳の発達や身体の発育を助ける: 脳の発達や身体の正常な発育に必要な甲状腺ホルモンを作るために不可欠なヨードが豊富に含まれている
  • 肌にうるおいとツヤを与える: ヨードがミネラル、ビタミン、鉄分と共に新陳代謝を活発にし、皮膚にうるおいを与え、シワを抑える
  • 肥満の防止: 栄養素が豊富でありながら低カロリー。食物繊維アルギン酸が、腸の働きを活発にし便通をよくする
  • 丈夫な骨格と健全な精神を形成する: 牛乳の約7倍ものカルシウムを含む

 




hontonano