高麗人参

こうらいにんじん

ウコギ科の植物で、難病に効く薬草、不老長寿の霊薬として珍重されてきた。生長が非常に遅い上、土壌の養分を根こそぎ吸い上げるため、一度植えた土壌にはその後15年に渡って作付けできない。

高麗人参のようにウコギ科の「薬用人参」は、食用(セリ科)のものと全く別物。薬用人参には高麗人参の他に、御種人参(オタネニンジン)、竹節人参(チクセツニンジン)、田七人参(デンシチニンジン)があり、朝鮮人参は高麗人参と同じものと考えられる。

中国での臨床データ:人参サポニン、ジンセノサイドなどの成分を含み、疲労回復、解熱、血圧調整,消炎抗菌作用、健胃整腸作用、肝機能強化作用、止血,強心作用、抗腫瘍作用、糖尿病治療などの効能がある。

高麗人参のおもな機能性成分

サポニン、マグネシウム、カリウム、アルギニン、アルカロイド

高麗人参の効果

がん、抗菌、抗ウイルス、疲労回復、精力減退、糖尿病、肝炎、肝臓病、肝機能、胃炎、胃潰瘍、胃腸病、高血圧

 




hontonano