クロレラ

くろれら

淡水に棲む単細胞緑藻の一種。クロレラ属の淡水性単細胞緑藻類の総称。

増殖・細胞分裂の過程で葉緑体も分裂し、その際に生じる独特のクロレラエキスが人の健康維持に役立つとされているが、 一般には、消化がよくなく、物理的、化学的方法で細胞壁を破壊し用いられている中で、細胞壁が薄いクロレラ株もある。

クロレラの効果

  • 細菌やウィルスに対する抵抗力を強める
  • 増血作用を活発にする
    (★ 摂取したクロレラの効きめは、自分の大便を見て、緑色ならNGですよね。緑色でないときに体調が良くなったかどうかで判断できそうな)

およそのクロレラの成分

乾燥物100g中に、たんぱく質45g、脂肪20g、炭水化物20g、灰分(かいぶん)10g、ビタミン類 他

食品としてのクロレラ 問題点

  • 光過敏症に罹る
  • ビタミンKの含有量が多い
  • 強固な細胞壁を持ち、消化吸収率が悪い
  • 培養液乾留物の安全性
  • 健康被害の報告多数ある

クロレラ細胞壁破砕技術

常識的に考えれば、細胞壁の破壊や細胞壁の外に成分を持ち出すことは、タンパク質などの栄養素自体の変質を生むことになる。細胞壁の破壊が、吸収率を上げたとしても、栄養を損なう可能性がある。
アレルギーや高血圧・糖尿病といった免疫系も関わる疾患では、腸内環境の悪化も指摘されており、改善の一助になるとよいのですが。

  • クロレラは、化学薬品・酵素・熱などによる細胞壁破壊で、吸収率を上げることが一般的。
  • ビタミンKの含有量が多い
  • 物理的方法として:
    ダイノーミルを応用する方法(ダイノーミルで高速回転、生じる圧力差で破壊。細胞壁の約95%を破壊。)→ 吸収率が未処理のもに対して2倍(60%程度)ほどになるグラフを提示しているが、具体的な数値提示は見あたらない。
    出典:サンクロレラ
  • 細胞壁を破壊しない、細胞壁が薄い「クロレラ」:
    天然植物のクロレラは20種類ほどの株に分けられるが、「バイオリンク種」の「チクゴ株」(グロスミンのこと)の消化・吸収率は82%とある。これは、茹でたうどんに相当するらしい。→ 「チクゴ株」の特徴なのか、細胞壁が1/10と薄いらしい。(関連:クロレラ工業)

 




hontonano