ギムネマ・シルベスタ ギムネマ酸

ぎむねまさん

通常、食事中の糖質が吸収されて血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上がるのに応じ、膵臓からインスリンが必要な量だけ瞬時に分泌される。インスリンの働きによってブドウ糖は、筋肉細胞や脂肪組織に取り込まれ、過剰になると中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられる。
糖尿病では、インスリンがゆっくりとしか分泌されないか、働きが悪いため、血液中のブドウ糖が処理されず、食事の後に血糖が急激に上昇する。

ギムネマを摂ると、小腸での糖質の吸収が阻害される。糖質の吸収を遅らせることでインスリンの分泌を緩やかにする作用をもつ。血糖値をコントロールする目的でギムネマを摂取するときは、食前に服用する。また一時的に、甘味を感じる舌の感覚を麻痺させる作用がある。

ギムネマはインド南部が原産で、つる状のガガイモ科の多年草。東南アジア、中国南部など熱帯から温帯地方の広い地域で水はけの良い山岳地や丘陵に自生している。 ギムネマの有効成分・ギムネマ酸、葉の部分から抽出される。

ギムネマの効果

ギムネマ酸が腸内にあると糖質(炭水化物)の消化・吸収を遅らせるため、血糖値の急上昇を抑えることができる。

  • 肥満防止、糖尿病、強壮、利尿

 




hontonano