きび酢

きびす

奄美・かけろま島でつくられる酢のこと。天然の酢酸菌と島で獲れる黒糖用のさとうきびを原料に、2年間じっくり自然発酵させてつくられる醸造酢。年間生産量はおよそ90トン限定とのこと。アミノ酸、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分、マグネシウム等がバランス良く含まれ、ポリフェノールが穀物酢の約10倍と多く、活性酸素を除去し老化防止、生活習慣病などの予防に働くとされています。

島では、中華や洋食などへの料理酢としての利用の他に、健康酢として、

  • 刺身にはそのまま使う、また、酢みそや酢醤油としても。
  • 飲料としては、黒糖シロップや蜂蜜を入れたり、さらに生姜とお湯を加えたりする。

甘く、飲みやすく、などと余計なことは考えない「ガツン」とくる本来のお酢の味だそうです。

きび酢の機能性成分

γ-アミノ酪酸、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分、マグネシウム、ポリフェノール 、など

きび酢の効果

コレステロール、高脂血症、動脈硬化、糖尿病

 




hontonano