貧血かな? 直接の原因は酸素不足ですが、しかし、貧血になる本当の原因はさまざま。

 貧血 Index Page  > 貧血かな?

貧血 anemia

貧血かな? と感じたとき、

  行動1 なにもしない(もう少し様子を見る。または、ウ〜ンなんだろう状態)
  行動2 献血する(0円で血液の健康状態を教えてもらえる)
  行動3 病院で、キッチリ血液検査・健康診断!
  行動4 日常の食事・生活習慣を振り返る(スバラシイ!!)

  ... 貧血は自覚症状と言えるものが希薄なため対処が遅れる疾患です。
  女性では、出産や健康診断で分かることが多いもの。
  男性では、内臓疾患による出血が続いていることもあります。

貧血になると、疲れる、目が回る、心臓ドキドキ、息ハア〜ハア〜、アタマ=ズキズキ ... 。
症状をモット見る こちら

貧血の症状は、全身で起こる酸素不足によるもの。
ですが、貧血になる本当の原因には幾つかあるり、一つではない。
常識的な対処は、貧血の原因を突き止め、次にその対策を立て、食事療法や ... 。
問題は、貧血の本当の原因です。素人判断で判るものではないと思います。
  貧血が少し良くなっても、「食べ物」や「生活習慣」を元に戻さない努力。
  タイヘンなことだけど。これが鉄欠乏性貧血といわれる貧血。
  自分で食べ物コントロールしないと。

  貧血の種類を見る

食べながら飲むコーヒー、お茶、おいしいですよね。
しかし、このコーヒーやお茶、食事中に飲むと鉄分が吸収されずに排泄されことになります。
鉄ナベで料理をしていた昔の日本なら、多少のことは平気だったのかもしれませんが、アルミナベを使い、美味しいのですが鉄吸収を阻害する食品に囲まれ、食材の組合せが変わってしまった現代。

貧血の約90%は「鉄欠乏性貧血」といわれるもの。欠乏する原因にも色々ありますが、いずれにせよ体内で合成できるものではないので、摂取しなければ改善の見込みはないですよね。だから「効率よく鉄を食べて」、「失わない」、日頃の生活が大切です。ここでは貧血を予防・改善する生活を考ましょう。

  1. 貧血を予防する、対処する ... 鉄欠乏性貧血の予防と食事
  2. 間食を控えて、規則正しい食事を摂る(なぜでしょう?)
  3. 加工食品・インスタント食品は控える(なぜでしょう?)
鉄の吸収を促進するもの
鉄の吸収を阻害するもの