亜鉛の摂取方法・多く含む食品・効率的な亜鉛の摂取

 亜鉛 Index Page  > 亜鉛の摂取方法

貧血 anemia

亜鉛の摂取方法 掲載項目

  1. 亜鉛の摂取方法
    ・亜鉛を多く含む食品
    ・亜鉛を多く含む食品

亜鉛の摂取方法

亜鉛はもともと吸収率がそれほど高くなく、また同時に取る物質と一緒にくっついて体外に排出されやすいという一面もあります。また高齢になるにつれ必要量とともに吸収率も低下して行きます。

こんな方はご注意ください。(掲載内容は順不同)

  1. 肌荒れ・シミが目立つ
  2. 爪が変形・変色したりする
  3. 抜け毛が多い
  4. ニキビができやすい
  5. すり傷が治らない
  6. 立ちくらみ
  7. 目が疲れやすい
  8. お酒に弱くなった
  9. 精力が衰えた
  10. 生理不順
  11. 物忘れが激しい
  12. 疲れやすい
  13. インスタントや外食が多い
  14. 濃い味付けが好き
  15. 風邪をひきやすい
  16. 味を感じない
  17. 妊娠中の方

亜鉛を多く含む食品

 
魚介類 牡蛎、かずのこ、魚卵
肉類 牛の肝臓、牛肉、豚肉
乳類・卵類 プロセスチーズ、卵黄
野菜類 パセリ、かぶ菜、干ししいたけ
種類 ごま、栗、カシューナッツ
海藻類 天草寒天、のり、わかめ
穀類 薄力粉、ゆば、そば粉、玄米
豆類 きなこ、あずき、納豆
嗜好 抹茶、煎茶、玄米茶、ココア、紅茶
 

● 亜鉛を最も多く含む食品は牡蛎(かき) 。日本の沿岸には22種ほどが生息しており、全て食用になる。一般に食用にするのはマガキとイワガキで、市場に流通しているのはほとんどが養殖されたマガキ。

● 欧米人の亜鉛供給源はおもに肉とチーズ。亜鉛は肉類に多く、野菜や穀物は少ない

 

効率的な亜鉛の摂取:

動物性蛋白質 ... 吸収率向上、フィチン酸・食物繊維の影響を軽減
クエン酸 ... キレート作用:ミネラルなどを包みこんで吸収しやすい形に変える
ビタミンC ... ビタミンCもキレート作用あり
亜鉛は水溶性 ... 揚げる→炒める→焼く→煮る、の順番で摂取量が多くなります

栄養成分 亜鉛
hontonano