亜鉛は足りていますか?

 亜鉛 Index Page  > 亜鉛は足りていますか?

貧血 anemia

亜鉛は足りていますか? 掲載項目

  1. 亜鉛は足りていますか?
  2. 過剰摂取に注意

亜鉛は足りていますか?

加工食品、ファーストフード、清涼飲料、スウィーツ、無理なダイエットなどで亜鉛が不足しやすい食環境・生活習慣となっている方が多いと思います。和食が良いといわれますが、けっして亜鉛が豊富な食事ではなく、半世紀前の日本人は質素ですがカロリーバランスがとれた食事をしていました。それなりに「釣り合っていた」のです。私たちは「おいしい」ことを優先し、身体のことを忘れていたようです。

最近、亜鉛は見直されています。アトピー性皮膚炎、糖尿病、気分障害(うつ)、早産や不妊、白内障、..... 増加傾向ですね。亜鉛だけが原因ではないのですが、結果的に亜鉛不足は大きな要因になっています。

日本人は、ミネラルが少ない土壌(欧米の1/3)で生活していることや、穀類を主食にしているなど、欧米人に比べると血清中の亜鉛は少なめです。そして、平均的な日本人の摂取量では一日9mg程度しか取れないと報告されています。日本人の多くは潜在的亜鉛欠乏症(marginal zinc deficiency)の状態にあるといわれるのはそのためです。

日本人の栄養所要量(推奨量)は、
  男性 11mg
  女性 9mg(妊婦、授乳婦は+3mg)
  上限量は、男女とも30mg
  RDA(アメリカ政府が定めた「1日あたりの摂取勧告量」)は15mg

■ RDAの考え方:
  体が実際に必要とする量は一日に約2.5mg、
  吸収率20%と見積もって成人は一日12mg、
  余裕をもって15mg ..... これがRDAの考え方。

一方、カナダの健康科学局は自国民の吸収率を40%と見積もっているため、カナダでは推奨量が低くなっています。
ちなみに、国内では吸収率は約30%といわれています。
※ 亜鉛は、摂取量や同時に摂取した鉄や銅の量と互いに影響し合って吸収率が変化します

亜鉛は、摂取食物の精製度・食生活や生活習慣やストレスの度合い・新陳代謝などによる体内消費量、などにより必要量が変わります。また、同時に食べている鉄分や銅などの他の栄養素とのバランスで、吸収量が違ってきます。
これは、亜鉛が他のミネラルとは比較にならない程の多くの働きをしているためです。

亜鉛の不足は、不足時の初期症状に注意するしか無いのかもしれません
他の栄養素を含め亜鉛が十分足りている人の肌は、汗と脂質が程よく混じり、潤っています 。肌や爪の調子が良くないと感じたら亜鉛やビタミン類の摂取に注意しましょう。

過剰摂取に注意

亜鉛は毒性が極めて低いとされているため、通常の食生活では亜鉛の過剰症が問題となることは、あまりありませんが、
1)急性亜鉛中毒では胃障害、めまい、吐き気(亜鉛メッキの鋼板の溶接などで)
2)継続的に過剰摂取すると、銅や鉄の吸収阻害による銅欠乏鉄欠乏
など、これに伴う貧血免疫障害神経症状下痢HDLコレステロールの低下などが起こるおそれがあります。
3)男性の過剰摂取には注意です。(過剰摂取で前立腺ガンになる可能性が高まるという研究結果:米国立研究所(NCI)2003年7/1発表)

亜鉛 Top page  | このページ  | 亜鉛の摂取方法
栄養成分 亜鉛
hontonano