亜鉛不足の初期症状は、顔面・会陰部に皮疹、口内炎・舌炎・脱毛・ツメ変化・下痢・腹痛・嘔吐・発熱・味覚異常などが見られる。

 亜鉛 Index Page  > 鉛の欠乏と過剰・ミネラルバランス

貧血 anemia

亜鉛の欠乏と過剰・ミネラルバランス 掲載項目

  1. 亜鉛欠乏の症状
  2. 亜鉛欠乏症が疑われる4つの条件
  3. 亜鉛の過剰摂取・ミネラルバランスに注意

亜鉛欠乏の症状

亜鉛が欠乏したときの初期症状は、顔面・会陰部に皮疹(ひしん)があり、口内炎・舌炎・脱毛・ツメ変化・下痢・腹痛・嘔吐・発熱・味覚異常などが見られるそうです。そして、以下のような数々の症状へと進行します。(順不同)

ご注意:亜鉛欠乏症に現れる多くの徴候と症状は、他の栄養不足による症状とも重なります。このため、軽度の亜鉛欠乏症はその発見が難しいと言われています。

  1. 生殖機能障害
    性欲が低下 睾丸萎縮、精子の生産が減少・不妊症 インポテンツ 前立腺肥大
  2. 糖尿病 ... インスリンをつくるには亜鉛が不可欠
  3. 気分障害(うつ)
  4. 神経障害(痴呆)
  5. 脱毛・粗毛
  6. 人格障害
  7. 免疫力の低下(亜鉛には免疫細胞の機能を活性化させる働き)
  8. 爪がもろくなり、爪に白い点や線ができる
  9. 味覚障害(=味覚異常)、難聴、夜盲症
  10. 成長障害(身長や体重の成長が遅れ、子供は発育不良)
  11. 食欲不振
  12. 創傷恢復の遅延(キズが治りにくい)
  13. 乾癬やアレルギー(アトピー)性皮膚炎
  14. 母親の亜鉛欠乏症は胎児に無脳症を起こすことがある
  15. 続発性欠乏症:肝疾患、吸収不良の状態、長期の非経口的栄養補給中に起こる
  16. 亜鉛の吸収不良によって起こる遺伝性疾患(注1

皮疹(ひしん):皮疹(ひしん)とは、皮膚に出現する発疹のこと。
次のような種類がある。

  1. 紅斑(こうはん)
  2. 紫斑(しはん)
  3. 白斑(はくはん)
  4. 色素斑(しきそはん)
  5. 丘疹(きゅうしん)
  6. 結節(けっせつ)
  7. 苔癬(たいせん)
  8. 苔癬化(たいせんか)
  9. 腫瘤(しゅりゅう)
  10. 水疱・小水疱(すいほう・しょうすいほう)
  11. 膿疱(のうほう)
  12. 膿腫(のうしゅ)
  13. 膿瘍(のうよう)
  14. 膨疹(ぼうしん)
  15. びらん
  16. 潰瘍(かいよう)
  17. 硬化(こうか)
  18. 萎縮(いしゅく)
  19. 鱗屑(りんせつ)
  20. 壊疽(えそ)

亜鉛欠乏症が疑われる4つの条件

次に示す4つの条件にあてはまると、亜鉛欠乏症が疑われます。

  1. 栄養不良の人の血漿中亜鉛濃度が境界域の低値
  2. 全粒パンなどの繊維とフィチン酸塩の多い食事をよく摂っている(亜鉛の吸収を低下させる)
  3. 味覚感受性の減退
  4. 性腺ホルモン機能の低下

亜鉛の過剰摂取・ミネラルバランスに注意

亜鉛は毒性が極めて低いとされているため、通常の食生活では亜鉛の過剰症が問題となることは、あまりありませんが、

  1. 200〜800mg/日は、通常、亜鉛メッキ容器に入った酸性の食物や飲料を摂取することによって起こり、嘔吐や下痢を生じる。(200〜800mg/日の量は大量摂取といわれる)
  2. 100〜150mg/日の亜鉛を継続的に過剰摂取すると、銅の代謝が阻害され低銅症を、鉄の吸収阻害による貧血免疫障害神経症状下痢HDLコレステロールの低下などが起こるおそれがあります。
  3. 真鍮鋳造者の悪寒または亜鉛性振戦とも呼ばれる金属蒸気熱は、酸化亜鉛の蒸気の吸入によって生じる産業障害で、神経性障害を起こす。
  4. 男性の過剰摂取には注意です。(過剰摂取で前立腺ガンになる可能性が高まるという研究結果:米国立研究所(NCI)2003年7/1発表)

ミネラルバランスに注意(上記#2の内容)
    亜鉛と銅のミネラルバランス【 亜鉛:銅 = 8:1 〜 10:1 】の範囲です。
ミネラルの摂取量は多すぎても、また少なすぎても好ましくありません。ミネラル同士の間には「拮抗作用」を有する組み合わせがあり、一方のミネラル単体での多量摂取が、他方のミネラルの吸収や生理作用を阻害してしまうということが知られています。ミネラルバランスは適正な摂取量を比率で表したものです。

注1)遺伝性疾患:【腸性末端皮膚炎】 まれな常染色体劣性遺伝で,かつては致死的疾患であった。亜鉛の吸収不良によって起こる。この欠陥には,亜鉛を腸から吸収するのに重要な輸送蛋白の合成障害が関与している。症状は通常,離乳後の幼児に始まる。この疾患は,乾癬性皮膚炎,脱毛,爪囲炎,成長遅滞および下痢が特徴である。硫酸亜鉛30〜150mg/日の経口投与により完全に治癒する。

栄養成分 亜鉛
hontonano