亜鉛が不足すると、妊婦では早産の危険や先天性疾患、男性ではEDなど生殖機能障害の発症原因となります。

 亜鉛 Index Page  > 亜鉛は300種以上の ...

亜鉛 Zinc

亜鉛は300種以上の酵素に働く必須のミネラル

亜鉛はおよそ300種類以上の酵素の活性化に関与している必須のミネラル。亜鉛はミネラルの中でも最も多彩な働きをしているものの1つで、微量元素でありながら生理的に重要な酵素の構成元素としてDNAやタンパク質代謝に働いています。不足すると、妊婦では早産の危険や先天性疾患、男性ではEDなど生殖機能障害の発症原因となります。その他、皮疹、味覚異常、糖尿病、人格障害、気分障害(うつ)、脱毛や粗毛、もろい爪、創傷治療の遅延、成長障害、免疫力低下、食欲不振、乾癬やアトピー性皮膚炎、などさまざまな症状が現れます。

食事を再点検しましょう・早産を避ける食事をしましょう・子供の食物環境も

糖尿病は、予備軍を含めると1,370万人(これ、ちょっと古いです)といわれ、中高年では4〜5人に一人が糖尿病、あるいは「疑わしい」状況です。この病気は初期段階での自覚症状が無いため発祥時期がつかめず、診断された時点では併合症が起きていることも多いものです。最近では小学生の発症も報告され、低年齢化が進行しています。やはり! という状況です。
この糖尿病、栄養面では亜鉛不足が大きく関わっていることをご存じの方も多いと思います。

一方、「鉄」が女性のミネラルなら、「亜鉛」は男のミネラル。
亜鉛は男性機能の全てに関わっていますが、本来、男性機能は加齢と比例して消滅するものではなく、亜鉛が減少しているのです。
「人口減少」と捉えると社会環境が大きく関わって難しい話になってしまいますが、「男」として「種の保存」大丈夫ですか?「家系」は繁栄できますか? と置き直すと、いかがでしょうか。しかも糖尿病の低年齢化に見られるように、亜鉛の不足が子供にも起きているとも考えられます。この状況が続くと将来、日本から「男」が消えても不思議ではないように思えます。

女性でも亜鉛は大切です。卵巣は多くの亜鉛が存在していて、黄体形成ホルモンや卵細胞刺激ホルモンのはたらきを強めています。また、卵子そのものにも、高い濃度で亜鉛が含まれています。従って、女性に亜鉛が不足すると、妊娠が非常に難しくなるのです。
不足は、生理不順や不妊を招きます。

ご注意:亜鉛の過剰摂取は危険です。男性が亜鉛を摂りすぎると前立腺ガンになる可能性が高まるという研究結果を、米国立研究所(NCI)が2003年7/1発表しています。

栄養成分 亜鉛
hontonano